離婚届の不受理申出

別居中に不貞関係が発覚した場合は、まず、離婚届の不受理申出を行います。
なぜなら、あなたが、再構築を希望していても、相手に届けを勝手に出されてしまえば婚姻関係が終了しますし、慰謝料などの話し合いをしていく前に、相手が勝手に離婚の届けを出す場合があるからです。基本的に、有責者の希望で離婚することは出来ないので、有責者に離婚したいと言われてもあなたが届けに記入をしなければ、離婚はできません。しかし、今は、結婚後、何かあった時のためにお互いが記入済みの届けをもっている夫婦もいますので、そのような場合、その届けを取り下げるのにはとても時間と労力が必要です。
きちんと話し合い、慰謝料の額や、婚姻関係を終了するか再構築するかということの結論をだすことが、大切です。
また、離婚希望なのに不受理申出をすることに不安や抵抗がある方もいらっしゃるはずですが、これは、取り下げが可能なので、届けを出したら離婚できないというわけではありません。また、申し出た人物しか取り下げることができないので相手が勝手に取り下げてしまうこともありません。なので、話し合いが終了し条件がまとまれば、すぐに不受理届けを取り下げ、離婚することが出来ます。