別居をする前に

離婚を前提として別居を考えた時には、実行に移す前にしっかりと準備をしておきたいものです。
離婚届を提出するまでは、婚姻費用の分担という法律上の制度があるので、夫婦間がどのような状態であっても生活費を請求することは可能となっています。
ですから、この間にしっかりと離婚後の住居、働き口、子供がいる場合は子供を連れて行くのかどうかなど、今後の生活のことを考えておくことが重要です。
準備が整っていざ家を出るという時にに気を付けなければいけないのは家を出るタイミングです。
相手のDVで緊急避難をしなければならないような状況以外では、どのような理由があるにせよ相手になにも言わずに家を出て行くことは後々マイナスに働きます。
なぜなら、夫婦は法律で同居が義務付けられているからです。
もちろんお互いが話し合いを行ったうえで別々に暮らしているという場合は問題ありませんが、勝手に家を出て行ってしまうと、それが離婚原因として責められることも十分に考えられます。
法律では悪意の遺棄と呼ばれるもので、相手が困ることを分かっていて家を出て行ったと判断されてしまえば、それまでの夫婦生活がどうであれ立場が悪くなり、離婚の際に圧倒的に不利な状況になることもあるのです。
ですので、家を出る前には必ずその旨を話し合い、出来れば合意書をつくっておくことが後々のトラブルを避けるためには重要です。