別居中の生活費

夫婦は別居していても法律上は夫婦だから、夫婦はお互い助け合っていく必要が有ります。それで夫婦関係が破綻して別居状態になっていても、離婚するまでは婚姻費用を収入に応じて払わなければなりません。そして婚姻費用を拒絶したり渡さないことは認められないので、別居しているなら、直接手渡しか口座に振り込むなどをしなければなりません。

この婚姻費用とは生活費のことで衣食住費や医療費、養育費、雑費などを意味し、生活に必要な物を揃える費用は、すべて婚姻費用として渡さなければなりません。

しかし、この婚姻費用を渡さなくて良い場合が有ります。相手方に十分な収入が有れば婚姻費用の分担という意味で渡す必要が無いです。そして正当な理由も無く一方的に別居をして、相手方の同居請求を無視して、夫婦関係の回復に協力をしない者は、婚姻費用の請求は認められません。

しかしその場合でも子供がいる場合は養育費は払わなければなりません。

別居中でも夫は妻に対して婚姻費用という生活費を払わなければなりません。しかし、妻が不貞を働いたり、一方的に別居して、夫婦関係の回復に協力しないなら、婚姻費用を払わなくても良いです。ただその場合でも子供への養育費や生活の費用を払ってやる必要があります。