別居中での不貞

民法では夫婦はには同居義務、協力義務、扶助義務があります。そのため一方的な別居は法的に許されず、「悪意の遺棄」として離婚の原因となることもあります。ただ、どちらかが不貞行為を働き、その冷却期間としてお互い話し合いの上の別居は「悪意の遺棄」とはみなされません。これを踏まえて別居中の異性交際についてですが、一方的な別居や冷却期間の別居の場合はもちろん不貞行為になります。しかし、お互い離婚をするために別居をしているというなら、夫婦関係が破たんしていることなので、不貞行為には当たりません。しかし、相手の異性が夫婦関係を破たんに至らせた当人であるなら、また話は変わってきます。それを原因に離婚に持ち込むこともできるのです。ただ、別居前から付き合っていたことを証明するのは非常に難しいというのが現実です。そういった事実をつかむためには素人では通常太刀打ちできません。何らかの手がかりをつかむためには、探偵事務所などに依頼をする必要があります。そのためにはそれなりの費用がかかりますが、自分に悪いところはないのに、責任を押し付けられ、後々後悔するような結果にならないように、そういった出費は惜しまない方がいいでしょう。